軽自動車の寿命の目安は?どこまで乗れるものなのか

走る軽自動車

軽自動車は小型で燃費が良く、取り回しやすい便利な車両として広く活用されているものです。しかし、どんなに性能の良い自動車でも寿命があり、いずれは廃車する事になります。自動車の寿命を図るサインとしては、「時間」と「距離」とがあります。この2つを気を付ければ、自動車を上手く使うことができるでしょう。

いわゆる自動車の寿命の目安は「10年間」もしくは「10万km」が1つの基準となります。なぜかというと、メーカーが設置する品質保証の上限がおおむねこの辺りであること。

この程度まで使い続けると、自動車の各部に故障が目立ち始めるものです。ただし、細やかなメンテナンスと丁寧な乗り方を続けていれば、より長く、より故障が少なく走行することができます。毎日の簡単なチェックと定期的な日常点検の結果は、長く乗り続けた後で故障の頻度、状態の良し悪しに現れるものです。

また、軽自動車の寿命を延ばす方法として有効なのが、こまめな修理・部品交換をすることです。一般的に、自動車の修理は「壊れたら行うもの」と考えられています。しかし、この方法では車が出かけ先で立ち往生する結果に繋がりかねません。特に廃車にするまで使い続ける計画で利用する場合は、「壊れる前に部品を交換していく」ことを心掛けて利用するのが大切です。前もって年間の整備費用を予算立てしましょう。その中で修理代をやりくりすれば、軽自動車を計画的に、長く快適に乗り続けることができるます。

豆知識として、軽自動車は限界まで乗り続けるのも良いことですが、ある程度乗ったら中古車として売却し、新しい自動車を買う資金の足しにする選択肢もあります。廃車寸前まで乗り続けた車、長い年月乗り続けた車は、中古車の下取り価格が安かったり、そもそも引き取ってもらえなかったりするものです。

軽自動車を購入する際は、数年乗って買い換えるのか、廃車まで乗り続けるのか、ある程度計画を整理しておくと良いでしょう。どちらの方針で乗るかにより、予算の立て方も違います。また、状態の良し悪しは日頃の乗り心地や快適性だけでなく、下取り価格にも影響するものです。毎日の意識を少し変えるだけで、そして定期的にちょっと様子を見てあげるだけで、軽自動車の寿命は大きく変わります。