10年、走行距離10万キロの軽自動車は寿命か?車屋の本音

少し前までは「走行距離10万キロ」か、「10年」が軽自動車の寿命の目安として考えられてきました。

しかしそれは過去の話。今はきちんとメンテナンスをしていれば走行距離10万キロオーバーなんて寿命の目安になんてなりません。

軽自動車の寿命が10万キロとか言われていた背景には、自動車メーカーの保証期間が10万キロとされていることが多かったことにも起因します。

さらに660CCという制限されたエンジン排気量でパワーを出すため、どうしてもエンジン回転は高くなり普通自動車よりも各部の期間の消耗が激しくなります。小さなボディで広い車内を実現するために背は高く重くなり、ボディそのものも痛みやすいというのが理由。

メーカーが10万キロを一つの保証区切りとしているため、軽自動車を販売する側が、10年、10万キロも走ったら早めに乗り換えよう!という、営業トークを展開していたのも一つの理由という考え方がありますね。

ただし、寿命は乗り方、メンテナンス次第で変わるもので、軽自動車と言えども長く乗り続けることは十分に可能なのです。

軽自動車の10万キロ軽自動車の寿命とはもう過去の話。寿命を延ばし、快適に乗りつづけるために気を付けたいことも合わせてまとめていきます。

メンテナンス次第で寿命に大きな差が出る軽自動車

軽自動車を長く乗りたいというのであれば、普通車よりもこまめにメンテナンスをしなければならないと言っても差し支えないでしょう。

軽自動車は普通車に比べて、制限されたエンジンの排気量の中でパワーを絞りだしています。加速、あるいは坂道を登るなどの負担のかかる場面でエンジンを高回転させてしまうので消耗品の摩耗が激しいのです。

普通車はオイル交換を3千キロから5千キロごとと言われていますが、軽自動車の場合はもう少し短い距離で交換すると良いでしょう。オイルエレメントはオイル交換を二回行うごとに一回交換するペースで行います。

また、タイヤの空気圧はかなりこまめに確認します。1ヶ月~2ヶ月に一回が良いでしょう。軽自動車のタイヤは非常に細いですが、重量そのものは小型車のマーチやヴィッツなどと変わらないほどの重量が有ります。タイヤにかかる負担は相当なので、基本となる空気圧はしっかり見ておきましょう。

これは日常のメンテナンスになりますが、10万キロを超えて走る軽自動車はこの他にも、タイミングベルト・燃料フィルター・ウォーターポンプ・バッテリー・プラグと一度は交換しておきたい消耗部品があります。8万キロを超えた時点で一度交換をすべきでしょう。

塗装の劣化を防ぎきれいなボディを保つために

日頃の保管方法ですが、やはりガレージか屋根のある場所での駐車が望ましいですね。雨風に晒されますとそれだけ錆びやすくなります。その他、夏場の高温多湿、冬場の氷結、積雪と車にダメージの与えるものばかりです。

メンテナンスは大変、と思うかもしれませんが、これらのメンテナス行い、大切に乗ることによって飛躍的に寿命がのびます。

トラブルが起きてから交換するより、トラブルが起きる前に交換し未然に防ぐほうが、他のパーツにとっても優しいのです。それに、走行中にトラブルが起きても怖いですからね。

こまめにメンテナスを行っていればいつもと違う場合にすぐわかります。いつもとちょっとでも違うな、と感じたらすぐに修理に出しましょう。そうすれば10万キロどころか20万キロ、30万キロと乗れるものなのです。