軽自動車は下取りするよりも買取店に査定してもらった方がお得?

軽自動車を売却する時の方法としては概ね2通りあります。

いくつか方法はあるのですが、最も代表的なのが買取り下取りかの2つです。

この買取と下取りなのですが、果たしてどちらがお得なのでしょうか。

せっかくの愛車を売却するのですから、少しでもお得に売れた方が良いと考える人も多いはずです。

後から知って、あっちで売っていたらもっと高く売れたのにと後悔するケースも少なくありません。

そこで買取と下取りのどちらを選択した方が良いのかを調べてみました。

下取りと買取の違いを明確にしておこう

では、最初に下取りと買取の違いについて確認しておきましょう。

下取りというのはディーラーなどで車を購入する際に、現在乗っている車を引き取ってもらう方法のことを指します。

基本的に次に乗る車の購入が前提となるものです。

新車を購入したという経験がある人であれば、ディーラー側から下取りを持ちかけられたこともあるのではないでしょうか。

対して、買取は主に中古車買取業者などに車だけを売却することを言います。

買取の場合、買い替えとなる車の購入を前提としていません。

純粋にその車を買い取ってもらうことを目的としたものです。

近年では中古車を取り扱う業者が増えており、多くの業者が買取を行っていると言って良いでしょう。

つまり、下取りは新車購入を前提として引き取ってもらうものであり、買取はまさしく車を売却することを意味します。

ニュアンスの違いだけじゃないのと思われるかもしれませんが、この両者には大きな違いも存在しているのです。

下取りが買取よりも不利と言える理由は?

では、下取りの特徴を知っておきましょう。

一般的に下取りは買取よりも査定額が低いとされています。

この理由はどこにあるのかがですが、大きくは2つだと考えてください。

1つは下取りをすることになるディーラーの販路が少ないという点です。

中古車買取業者の場合、自社で販売網を持っているだけではなく、買取をした中古車をプロが行うオークションに流すことができます。

また、近年では海外へと輸出することもできますので、相場よりも多少高く買取をしたとしても在庫として抱えるリスクを減らすことが可能です。

しかし、ディーラーの場合はそのように豊富な販路がありませんので、どうしても在庫となるリスクを考えると査定額を高くしにくいと言えます。

もう1つの理由としては、新車販売の割引とでごまかすことができる点です。(あくまでこうした悪い事例もあるということ)

下取りは先述したように新車購入が前提となっていますので、下取り額を高くしたとしても購入時の割引額からトータルで考えることができます。

つまり、今回は下取りを高くしておきましたと言われても、トータルで見れば新車の割引から差し引かれて損になっている可能性があるのです。

トータルで幾ら!とか、追い金(営業マンが良く使う)で幾らっていうような商売を持ちかけられたら注意。

購入する車の値引きと、下取り車の充当額は、それぞれ別々で細かい数字まで提示してもらうことでトラブルを防げます。

結局下取りと買取はどっちがお得なの?

基本的に査定額だけを見れば、下取りよりも買取の方が有利なケースが多いでしょう。

特に買取を専門としている業者は、全国に、時には世界にも独自の販路を持っており、高くても欲しいという人に素早く売ることを生業としています。

買い取った車素早く売れることは、売れない在庫としてかかる経費も抑えられるため、強気の値段を提示してくれるのです。

ただし、下取りの場合ですと新車の購入と下取りを同じお店で行えるというメリットも存在しています。

新車を購入するけれど、買取をして欲しいというケースですと、中古車業者に売却後に購入するという形になるでしょう。

売買に関する手続きを2回しなくてはいけないのですが、下取りですと同じお店で行えるので手間を省くことができます。

つまり、下取りにも下取りのメリットはあると言って良いでしょう。

ただし、少しでも高く売りたいと考えているのなら、買取を選択した方が良いです。

近年では中古車査定の一括見積を利用すると、自分の車の買取額を比較できますので高く売ることができます。

まとめ

下取りと買取のどちらが有利なのかは、どちらにもメリットがありますので一概にこうだとは言えません。

ただ売却額だけを見れば、下取りよりも買取の方が有利でしょう。上手く交渉するテクニックや時間をかけても良いというのであれば、下取りの価格も上乗せできる可能性はあります。

しかし、一般的に考えた場合は買取業者に任せた方が時間もかかりません。特に中古車のオンライン査定は非常に便利ですので、下取りを考えていたとしても利用して損はありません。

費用も無料ですので、まずは試してみることをお勧めします。