事故車や水没した車でも中古車売却できる?できない?

自動車を売却したいと思っていても、事故を起こした、水没したなどの理由から無理だろうと判断する人も多いでしょう。

どうせ買取をしてもらえないだろうからと諦めてしまっているケースなのですが、実はそうではありません。近年では一昔前のように、この車は買取できませんというようなことは減っているのです。

中古車市場から見れば、確かに事故車や水没車は敬遠されがちなのは事実です。

しかし、敬遠されることと買取ができないのは別だと考えて良いでしょう。

事故車や水没車が売却できる理由を知ろう

では、事故車や水没車が売却できる理由を説明しておきます。

ただ買取してくれると言われても、その理由が分からなければ本当なのと信じることができないでしょう。

先述したように確かに事故車や水没した車というのは中古車市場ではあまり価値がありません。

しかし、それは日本国内の中古車市場に限った話なのです。

近年では水没によるニオイなどを気にしない海外の途上国に向けて輸出をするケースも増えており、さらには自動車全体ではなくパーツを輸出することもあるのです。

また、日本国内でもリサイクルの需要が高まっていることから、パーツ取りのために本来であれば買取対象でない車を買取する業者も多くなっています。

ですので、事故車や水没車だからといって、簡単に諦めてしまう必要はありません。

そもそも廃車にするにしても費用がかかってしまうものですので、まずは中古車として買取をしてもらえるかどうかを確認しても遅くないでしょう。

事故車や水没車を売る時のポイントを知ろう

事故車や水没車を売却する時にはいくつかポイントがあります。

その1つは査定時に正直に事故を起こしたこと、水没したことを告げることです。

査定員の人もプロですので、見ればわかるかもしれませんが、見た目だけでは分かりにくいこともあります。

そうした時に査定額を高くしたいからと、事故を起こしたことや水没したことを黙っていると、後々のトラブルに発展するからです。

中古車の売買は契約をすれば、その時点で終わるのではなく、買取をしたあとで精密な検査を行うので、注意しておきましょう。

ちなみに中古車業界における事故車というのは、フレームを損傷するほどの大きな事故のことを指します。

少し壁に擦ってしまった、駐車時にぶつけてしまったなどのような軽度の事故の場合は事故車としての扱いにならないのです。

この点を勘違いしている人もいますので、単純に事故車といっても業界と日常的な意味とでは差異があることを覚えておきましょう。

買取してくれる業者を探すにはどうすればいい?

事故車や水没車でも買取してくれることはわかりました。

では、どのようにして買取をしてくれる業者を見つければ良いのでしょうか。

海外への輸出やパーツ取りのために買取をしてくれるといっても、それはすべての業者で対応しているワケではありません。

そこで方法の1つとして提案したいのが、複数の業者に見積もりをもらうことです。

複数の業者から見積もりをもらうことで、まず売却できるかどうかが判断できますし、売却できるなら価格面の比較を行うことが可能です。

実は中古車のオンライン査定というサービスがあり、それを利用することで一括して複数の業者に見積もり依頼を出すことが可能なのです。

手軽に利用できるだけではなく、無料で使うことができますので、仮に望んだような結果が出なくとも懐は痛みません。

複数の業者から見積もりをもらい、比較検討することでただ売却するよりも高値での買取に期待することができるでしょう。

まとめ

廃車にするという選択も悪いものではないでしょう。

しかし、事故を起こした車だから、水没した車だから、と売却を諦める必要は1つもありません。

中古車のオンライン査定などを利用すれば、手軽に買取をしてくれる業者を見つけることができるからです。

意外と高値がつくというケースも珍しくないそうですので、廃車にする前に一度は中古車のオンライン査定を利用しておくと良いでしょう。

無料で利用できますので、自分の財布が減らないのも嬉しいポイントです。

それで買取をしてくれる業者がなければ、未練もなく廃車を選択できるのではないでしょうか。