スタッドレスとチェーンの違いやメリットは?どっちがおすすめ?

スタッドレスタイヤとは冬タイヤとも呼ばれ、冬場の雪道走行時に安全性を発揮します。ノーマルタイヤ(夏タイヤ)よりもゴムの質が柔らかく、低温域でもしなやかに雪面に食い込むことで、新雪路や圧雪路などで車が滑るのを防ぐのに役立ちます。ただし、雨の性能はノーマルタイヤと変わらないことを知ることが大切です。

また、アイスバーンへの対応性能は商品によって異なるため購入時には確認が必要になります。どのタイヤをスタッドレスタイヤにするのかも課題になりますが、駆動輪とは関係なく、安全確保のためにも4輪すべてを対象にすることが重要だといえます。なお、タイヤのみ購入する方法とホイールとセットで購入する方法がありますので、タイヤ交換の手間や車屋さんに依頼した場合の手数料を考えて選びましょう。

タイヤチェーンとは

チェーンは雪道走行時にタイヤに装着するもので、「金属製チェーン」のほかに、ゴムやウレタンなどにスパイクを埋め込んで構成する「非金属製チェーン」があります。

金属製チェーンは滑り止めの役目を発揮しますが、雪道以外の道路を走行するときは切れやすくなるほか、遠心力で膨らみやすいためタイヤハウス(フェンダの内側)を傷つける恐れがあります。

一方、非金属製チェーンは滑り止めとしての役目はやや弱いですが、雪道以外での使用は金属製チェーンよりは切れにくく装着がしやすいです。よほど雪深い場所でない限りは非金属で充分な走行性能は得られるため、取り付けのしやすさも相まって非金属を選択する人も増えています。

これら2種類以外にも、タイヤ全体を覆う「布製チェーン」がありますが、緊急用として考えたほうがいいでしょう。

それぞれのメリット・デメリットは

今回のテーマはスタッドレスを履くべきか、それともチェーンを装着した方がいいか?という点で見られている方が多いと思います。

スタッドレスタイヤの大きなメリットは、雪道以外の走行もできることです。そのため、降雪の機会が多い地域では冬の間ずっと装着しておくと便利だといえます。また、チェーン装着での走行よりも乗り心地が良いことも、スタッドレスタイヤの大きなメリットですね。

ただし、スタッドレスタイヤはチェーンよりも割高なことや、使わないタイヤ(冬場は夏タイヤ)の保管場所が必要なことも知っておきましょう。

一方、タイヤチェーンを購入する大きなメリットは価格が安いことです。金属製のチェーンでは1万円以下で買えるものもあり、非常時の応急用として用意しておくと経済的。

非金属のゴムのタイプは金属よりも構造が凝っているためか、価格は高めで2万円から3万円と非常時の備えとして割り切る人には割高に感じるかもしれません。その分取り付けがしやすく、走行時の騒音も抑えられるというメリットもあります。

価格の安さと取り付けのしやすさを両立させた布製チェーンがありますが、こちらはほぼ使い捨てのような耐久性しかないです。

今住んでいる土地や仕事などで移動することの多い場所を考えて、冬への備えをしておきましょう。

それぞれの特徴や違いに応じたおすすめの使い方

スタッドレスタイヤやチェーンを購入するときは、それぞれの特徴や違いを知ることや、自分で装着できるかどうかが大きなポイントになります。ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤとの交換ができない人は、冬期はスタッドレスタイヤのままで過ごすといいでしょう。

自分で交換できる人は、天気予報を参考にしながら行う選択肢もあります。ただし、タイヤの寿命は3シーズンともいわれ、走行距離よりも経過した月日が重視されるようですので、こまめに交換する意味がないかもしれませんね。

また、自分でタイヤチェーンの装着ができる人はノーマルタイヤで過ごし、雪道走行時にチェーンを付ける方法もあります。なお、雪道での運転の際の滑り止め装置(タイヤチェーンやスタッドレスタイヤ)の着用については「道路交通法」に定められていますが、具体的な項目は都道府県により異なるため注意が必要です。