軽自動車は売るときに高値が付きやすいのはなぜ?

軽自動車は売るときに高値が付きやすい、リセールバリューの良い選択である。

全ての車種ではないですが、軽自動車は同じ価格帯のコンパクトカーと比べると、売るときに高い査定額が付きやすいです。

軽自動車を売るときに高値が付きやすい理由の一つとして、需要の高さが挙げられます。国内では狭い道路や駐車場も多く、小回りが利いて女性でも気軽に運転できる小型の自動車に人気が集中しています。

はじめて車を購入するときにも金額が手ごろなこともあり、中古で軽自動車を選択するという人が多いため、結果的にどこの買取業者も人気の高い車に高値を付けて、引き取ろうとしています。同じ軽自動車でも、人気の高いメーカーは特に高値になりやすいです。

性能の高さが人気を後押ししている

一昔前は、軽自動車というと坂道が走れなかったり、エアコンの効きが悪い、安全性に問題があるなどの不安がありました。しかし、近年ではエンジンの性能も向上し、加速と燃費を両立した車がどんどん開発されています。性能面では小型の普通車に匹敵するものもありますが、これらは特に中古車の中でも人気の高い車両となっています。

需要が多ければそれだけ中古車市場に出回る量が少なくなるため、それだけに各業者がひっぱりだこで売れる軽自動車を確保しているという図式です。

売るときに高く売れるモデル

kei4wd

軽自動車の中でも、特に高値で売ることができる可能性があるのは、趣味性が高い車、スライドドアの車など需要が高まっている車です。

軽自動車の中でも特徴的な使い勝手を持つ車として、4WDのオフロード性能を高めた車(スズキのジムニー)、スライドドアでファミリーに人気の車(タント、NBOX、スペーシア)などが該当。これらの車は値落ちしにくく、中古車として売る際にも売りやすい車なのです。

さらにスポーツタイプの車種が年々充実してきています。車両価格が高めでめちゃくちゃ売れるわけではないため、中古車市場には数が少ない。それでいて若い世代に人気で中古での需要があるため高値で取引されます。

リセールバリューの高い車・低い車も参考にして、高値で売りやすい軽自動車モデルを買うというのも面白いです。

まとめ

このように、すべての軽自動車ではないにせよ、一般的には普通車と比べても高値で売ることができます。

近年では軽自動車も普通車レベルに安全性や走行性能を高めたものがありますが、範安さの割に維持費が安いということもあり、中古車でも欲しいという人が多いです。

こまめに車両を買い替える人の場合、軽自動車にしておいた方が高値で売ることができるでしょう。もちろん、走行距離がそれほど長くない車両、事故歴のない車両はより高くなります。

比較的古い車両でも10~20万円程度で引き取られる可能性がありますが、数年以内の状態の良い車両であれば、70~80万円で引き取られることもあります。カーナビや冬用タイヤなどオプションがある場合、これらも一緒に査定に出すことで100万円近い金額になることもありますので、不要なものがあれば一緒に査定してもらいましょう。