スライドドア付き軽自動車のメリット・デメリットは?車屋が見る考察

 スライドドア付きの軽自動車は、人気があり徐々に車種も増えてきています。

スライドドアと言えば、普通車ミニバンタイプか、荷物を積む商用バンの代名詞でしたが、今では軽自動車でも各社がスライドドア車を取り揃えています。

今回はスライドドア付きの軽自動車モデルにおける、メリットとデメリットについて考察してみました。

スライドドア軽自動車のメリット

スライドドアにするメリットは、横のスペースを気にせず、広々と開いたドアで人や荷物の出入りが楽になる点が一番でしょう。

開口部が広いためにお年寄りや子供の乗り降りがしやすくなっていますし、チャイルドシートへの乗せ降ろしが簡単にできます。また荷物の積み下ろしも容易にできることがスライドつきのメリットになります。

スライドドアにするメリットの一つに、狭い駐車場で隣の車を傷つけずに済むという点もあります。通常のヒンジドアでは、となりに駐車している自動車にドアを開けた際、強い風にあおられてぶつける可能性があります。うっかりとドアを当ててしまい、焦った記憶のある人もいるのではないでしょうか。スライドドアであればそんな心配は全くありません。

余談ですが、こうしたドアパンチを防ぐために、私はあえてスライドドアの車の隣に車を止めるようにしていたりします。

スライドドアのデメリット

乗り降りが容易であるなどのスライドドア付きの軽自動車のメリットを挙げてきましたが、同時にデメリットも存在します。

スライドつきの軽自動車は車体が重くなり、電動スライドドアですとますます重くなります。重くなったことで燃費や加速が悪くなってしまうのです。

手動のスライドドアは、下り坂でドアが重くなり開けにくかったり、その逆で上り坂では勢いよく開いてしまうので注意しましょう。

電動スライド機能がついてる場合の注意点

電動のスライドドアであれば子供でも簡単に開けることが出来ますが、これについてはデメリットと捉えることもあります。電動であればなおさら、子供のイタズラなどから目が離せない部分はあります。うっかりと手を挟んでしまうこともあり、挟み込み防止機能が付いていたとしても痛いのに違いはありません。一時的に電動機能をオフに出来ますから、必要に応じて手動に切り替えることも必要です。

電動スライドドアの場合は、開け閉めに時間がかかりますのでイライラすることもあります。また、電動の場合は故障すると修理代が高いのが気になってしまうところです。

子育て中なら迷わずスライドドア付きがおすすめ

スライドつき軽自動車のメリットとデメリットをみてきましたが、子育て中ということなら断然スライドつきの軽自動車がおすすめになります。

子供がいきなりドアを開けてしまって、隣の車にガツン!という心配がまったくありません。電動スライドドアであれば、子供を抱っこしたままでも開けることが出来ます。また運転席からでも子供が乗り込んだのを確認してからボタン一つでスライドドアを閉めることができるのでとても使い勝手がよいものです。

子供が大きくなればイタズラなどの懸念も増えますが、特に新生児から2歳児ごろまでは電動の恩恵をフルに受けられると思います。

パワースライドドアは必要か?

スライドつき軽自動車で、片側のみ電動スライドドアのものと両側ともに電動の車種があります。両側ともに電動スライドドアの車種は増えてきているのですが、オプションであって別料金が必要になり、場合によっては割高になってしまいます。

それでも子供が二人などであれば、両側ともに電動スライドドアのほうがとても便利です。電動スライドドアは開閉に時間がかかるので待ちきれないという使用者の声もあるのですが、挟み込み防止機能もついていており安全についての心配もないため予算が許すなら迷わず両側電動スライドドアを選ぶことをおすすめします。

電動スライドドアに関する考え方のまとめ

スライドつき軽自動車は子どもやお年寄りなどが乗降することが多いとあれば、これまで見てきたとおりメリットが多く使い勝手のいいものになっています。

また開閉の容易さと挟みこみなどの安全面を考えても電動スライドドアを選びたいところです。車重が重くて価格が高くなってしまうデメリットがありますが、スライドつき軽自動車は人気が出てきており、今以上にデメリットが少なく、メリットが多くなるようにどんどん進化していくものと考えられます。各メーカーからこれから出てくるスライドつき軽自動車から目が離せません。