軽自動車でパワー(電動)スライドドアのオプションは必要?

電動パワースライドドアと言えば、普通ワゴン車など大きな車に採用されているものでした。しかし最近は、軽自動車でも電動のパワースライドドアが採用されるようになってきました。

軽自動車でわざわざ電動機能を付けなくても、十分手動で軽く開けられるからその分安くしてよ・・・と思うときもあります。

小さな軽自動車に、果たしてこの機能が必要なのか疑問に思う場合があるかもしれませんが、多くの人に求められているからこそ採用されています。

そんなパワースライドドアについて関心を深めてみると、便利かつ安全な実情が明らかになってきます。

電動のスライドドアにするメリット

軽自動車にしろ普通車にしろ、通常のドアは引いて開けなければいけないので手を使わなければいけません。しかし、パワースライドドアはキーに付いているボタンを押したりドアを一回引くだけで自動的に開きます

つまり両手が塞がっている場合でも容易にドアを開けることができ、そのまま荷物を車内へ置くことができます。通常のドアであれば、一旦荷物を地面へ置いて開けなければいけないので不便です。降雨時はドアを開けておいて乗り込めるなど、簡単な作業が煩わしくなります。

手を挟む危険性が少ない

パワースライドドアには、挟み込み防止装置が付いているので通常手を挟むことがありません。ただ、機械に絶対は無いので慢心は禁物ですが、かなりの確率で異物を認識して閉まり込む前に戻ってくれます。

通常のドアは自身で気を付けるしかないので、うっかり手を挟み込んでしまう場合があります。単なる痛みで済めば良いのですが、最悪の場合骨折するのでパワースライドドアの安全性は魅力的です。特に子どもは危険性の認識がなかなかできないので不安です。

パワースライドドアは、安全かつ便利だと分かりました。あえてデメリットを挙げるとすれば車体の価格が上昇することやドアが開くのにやや時間がかかるということぐらいです。そして現在は軽自動車の人気が非常に高まっており、性能がどんどん普通車に近づきつつあります。税金や維持費が安く、更にパワースライドドアまで付くとなると非常に魅力的な乗り物となります。

車を手放すとき査定でプラスになることも

パワースライドの装備は、便利かつ実用的な装備品として、装着している車は売るときに加点評価されることがあります。中古車市場では後からオプションをつけられないため、このような便利装備が付いた車は特別なセールスポイントになるからです。

リセールバリューも意識して車を買うなら、電動スライド機能を装着された軽自動車モデルを買うというのも一つの考え方になります。