軽自動車はガソリンランプ(給油警告灯)がついてから何キロ走れる?

軽自動車の場合、ガソリンランプが点灯した後は何キロ走れるのかというと、継続走行距離が約50km程度は走れるようになっています

走行できる距離と燃料の残り残量は、高速道路の給油所があるサービスエリアから次のサービスエリアまでの距離で決められています。高速道路では給油できる場所が限られているため、ガソリンランプが点灯した場合でも次の給油所であるサービスエリアまではたどり着けるように設定されているためです。

給油警告ランプがついたらガソリンはどれくらい残っている?

軽自動車のガソリンランプが点灯したら、点灯した時点でどのくらいガソリンが残っているのでしょうか

車種によってはどのくらいのガソリン残量でランプが点灯するのか取扱説明書に記載されています。記載されていない場合は、軽自動車は概ね5Lから7L程度で点灯するので、この残量にリッター当たり何キロ走れるかである燃費を掛ければ、走行可能な距離数が算出できます。※ただし、注意したいのはカタログ記載の燃費ではなく実際の走行による燃費を用いることで、より正確な走行可能距離が算出できるでしょう。

元々の燃料タンクが小さい軽自動車では、普通車よりも少ない残量でランプがつくため、燃費性能を過信せずに早めの給油を心がけましょう。

ガソリンランプが点灯する仕組み

ガソリンメーター

ガソリンランプは燃料残量警告灯ともいわれていますが、その仕組はガソリンタンク内にフロートという浮きがあり、その抵抗値が一定以下になった場合に警告ランプを点灯させるようになっています。

この警告灯は残量のみの計測をするものと燃料計と一緒になっており、一定以上に下がった場合にランプを点灯させるものとがあります。このことは、自動車が傾いたりするとランプが点灯したり、水平に戻ると消灯する場合が存在し厳密な残量計測は困難な面があります。

普段からガソリン残量を気にかけよう 、自動車の取扱説明書にガソリンランプがどの程度のガソリン残量で点灯するのか記載されている車種があります。その場合には、記載されている数字にリッター当たりの燃費を掛ければ、ランプが点灯してからの走行可能距離がわかります。

取扱説明書に記載のない自動車の場合は把握する方法はある?

把握するための方法としては、満タン法という燃費計測法を応用します。ガソリンランプが点灯した直後にセルフスタンドで満タン給油したガソリン量を控えておき、ガソリンタンクの総量から、満タンにしたガソリン量を引くことでおおよその点灯時の残量が把握できます。

できるだけ正確にするためには、何度か繰り返し計測することで行えます。同時に前回給油時からの走行距離を把握しておくことにより、燃費を計算することも出来ますので、給油時に心がけるといいでしょう。

まとめ

軽自動車がガソリンランプ点灯後に何キロ走れるかについて記載してきましたが、ガソリンランプが点灯したらできるだけ早く給油するようにしましょう。その理由は、ガス欠してしまうと燃料ポンプやエンジンにダメージを与えてしまう可能性があるからです。

高速道路でガス欠で停止してしまうと道路交通法違反で切符を切られることもあります。それにもまして怖いのは、道路上で停車することは自車のみならず他車を巻き込んでしまう大きな事故に発展しかねません。ガソリンランプが点灯したら安全という面からも早めの給油を心がけましょう。