軽自動車のリース契約のデメリット|ローン購入との違いとは?

軽自動車減価償却

軽自動車を購入するときの選択の一つとして、リース契約という形式があります。

リース契約は毎月リース料を払って車を借りる仕組みであり、最終的に所有権が移るクレジット(ローン)購入とは異なる自動車契約のスタイルです。

リースとレンタカーの違いはこちらが詳しく参考になります

一般的に法人(会社)が契約するものというイメージですが、個人向けの軽自動車リースもあります。

今回はリース契約をするうえで、知らないとデメリットになるようなことや、ローン購入との違いについてをまとめていきます。

リースの途中解約はできない

リース契約でトラブルになりやすい筆頭事例として、途中での解約は原則できず、解約の場合には高額な違約金の支払い義務が発生することです。

リースではリース会社が購入した軽自動車を、契約者に貸し出しています。リース会社が「購入」しているため、途中で解約されてしまうと、車は中古車扱いとなったまま残ってしまいます。途中解約された車を売却するにしても、価格低下のリスクを背負うことになりますよね。少し難しい話ですが、このため違約金に加えて、解約時点での契約車両の査定額を差し引いた金額を支払わなければいけないのが一般的です。

ローン購入の場合は、幾らの車を何年で分割という数字が明確に決まっているため、残額を一括で支払うなどすれば自由に契約を清算できます。金額の清算さえできれば、車をローン途中で売ることも可能。支払いが終われば所有権は契約者に移るため、車の価格の下落損などは契約者が追うためローン会社は関係ないのです。

例外あるが最終的に所有物にはならない

k-car-lday2

リースの場合は基本的には契約が満了すれば車は返却、もしくは再リース契約します。最近では、契約期間次第で自分の所有物にもできるプランができていきていますが、長期的な期限を決めて「借りて」いるというのがリース契約です。

車を不必要に改造したり、大幅な構造変更は認められないため、大きく改造する場合には注意が必要。またサーキット走行などの使用が禁止されているのが一般的で、消耗が激しい場合には損金として請求される場合もあるのです。

リース車を事故した時にはペナルティはある?

リースした軽自動車を乗っていて、事故をしてしまった場合はどうなるでしょうか?

リースの場合は、リース期間満了までに現状修理(外観や走行に問題なく、経年劣化相当の状態)していれば問題ないです。修理に関しては契約者がしなければいけないですが、意外にも修理による価値減点までは追求されないことが多いです。※契約形式で違うため、事故の扱いは要確認案件です。

修理できないような全損になってしまった場合には、おのずとリース契約は解約しなければいけないので、リース会社と違約金や損金処理の手続きをします。この場合も保険に入っていれば、保険は車両の価値で修理費などを出してくれますから、リース車両は必ず車両保険はかけておくようにしましょう。

走行距離により決まる契約は注意が必要

untenseki

自動車のリース契約の場合は、走行距離によって劣化する部分が大きいため、距離に区分を設けてリース料に差をつけていることがあります。これは残価設定型のローン契約と共通する部分ですね。

リース契約は、満了するまで契約内容を途中変更できないのが普通であり、使用途中に急に走行距離がかさむようになると、契約終了時に損金を支払わなければいけないこともあります。

あらかじめどんな目的で使うのか決まっている場合はいいですが、目的が曖昧な場合には走行距離の設定には注意しましょう。

同じ金額の車種でもリース料が異なる場合もある!?

リースは残価設定型のローンと金額設定が非常に似ており、リセールバリューの高い車ほどリース料も安くなる傾向にあります。

これは200万円の車があったとして、3年契約後の推定査定金額を差し引いた額で毎月のリース料を決めるため。

200万の車で3年後に100万の値段が付けば、差し引いた100万を3年で割ったうえでリース料をはじき出します。しかし50万しかつかない場合は、150万をもとに計算せねばリース会社が損してしまいますから、おのずとリース料も高くなる傾向にあるのです。

つまり同じ金額の軽自動車をリースする場合でも、車種の人気度合いや契約時の中古車市場の相場により、リース料に開きが出る場合があるということを覚えておくべきです。

リース契約するなら、使用目的が似た異なる車種でも見積もりを出してもらい、金額の開きが大きく出ていないかを確認してみると損しない契約が可能になります。

特に軽自動車の場合は、全体的に中古車市場の値段は高値であるものの、一部の車種は人気が高まって非常に高額取引されるケースもあります。

軽自動車リースの注意事項まとめ

リースというとローンとの違いをよく比較されますが、単なる分割払いで車を購入するのとは少し違う面があるので注意が必要です。

ただし軽自動車のように車体価格が比較的安く、リセールバリューの高い車種はリース料が抑えられるため、法人個人問わずメリットとなる場合も多いのです。

リース契約の仕組みをよく理解したうえで、ベストな軽自動車ライフを送ってみてください。