実は中古車価格が高い!軽自動車を中古で買うデメリット

軽自動車を購入する際、中古車と新車のどちらにするか迷う人は多いでしょう。コストを抑えたい場合は、中古車を選ぶのが一般的です。しかし実は中古車を選んでも、節約にならないことがあります。

その他にも中古車を選ぶと、いろいろなデメリットがあることをご存知でしょうか。今回は、軽自動車を中古で買うデメリットについて紹介します。

高い中古車価格

中古車と聞くと、新車よりずっと安い印象があるのではないでしょうか。しかし軽自動車の場合、中古車になっても価格が下がりにくい傾向にあるのです。その理由は、軽自動車の人気にあります。

価格相応の値段であるのか、全体的に値が上がっている車種なのか?あらかじめ相場を確認したうえで、中古車として買うメリットがある車種かどうかを検討すべきです。

以前と比べて、軽自動車の人気が非常に高まっていることをご存知でしょうか。市場において需要のある状態が続いているため、強気の価格設定をしている販売店が多く見られます。中古車であっても、大きな値引きは期待できないと考えた方が良いでしょう。

期待外れの燃費

普通車ではなく軽自動車を購入する理由として、燃費の良さを挙げる人がいます。軽自動車は、普通車よりガソリン代を節約できることは有名ですよね。

しかし燃費の良さを重視して、軽自動車を購入するなら、新車を選んだ方が得策であるといえます。軽自動車は年々進化しており、新型になるに従って燃費が良くなっていくからです。

数年前の中古車を購入した場合、新型と比べると、燃費の良さをほとんど感じられない可能性があります。

故障のリスク

中古車を選んだ場合、早期に故障する不安が付きまとうことは避けられないでしょう。以前の所有者が、どのような乗り方をしていたのか分からないからです。

初心者や運転が苦手な人は、普通車より軽自動車を選ぶ傾向があります。以前の所有者がそのような人なら、車体に負担をかけるような運転の仕方をしていたかもしれません。

つまり目に見えないダメージが、車体や内部のパーツに蓄積されている可能性があるのです。表面上は綺麗でも、そのリスクは拭いきれません。

中古車店によっては、独自の保証サービスや、中古車保障の保険を扱っている場合があります。必要であれば軽自動車を買うといっても加入を検討しておきましょう。

オプション品などの不自由さ

昔は普通車と比べて、軽自動車のオプションパーツは多くありませんでした。しかし軽自動車の人気の高まりとともに、自動車メーカーは多くのオプションパーツを作るようになりました。新車で購入するときには、それらを取り付けてもらうことにより、自分好みの軽自動車にカスタマイズできるのです。

しかし中古車を選ぶ場合は、カスタマイズの自由度が大きく下がってしまいます。自動車メーカーのオプションパーツが取り付けられなかったり、生産が終了していたりすることがあるからです。

デメリットを知っておくことが重要!

軽自動車を中古で購入する場合、以上のようなデメリットを覚悟しなければなりません。結果的に、新車を購入するより損をすることもありえます。軽自動車や中古車について正しい知識を持って、慎重に判断することが大切です。

中古車には中古車なりのメリットがあり、どこかで妥協しなければいけないのは何事も同じです。目的をもって賢く軽自動車に乗りましょう。