軽自動車は車体価格が高め!コンパクトカーの方がお得?

とにかく安い車が欲しいなら軽自動車。そんな常識が今や通用しなくなってきています。軽自動車の車体価格は年々上昇傾向にあり、最近ではコンパクトカーと遜色ないかそれ以上の価格設定がなされていることも珍しくありません。

では、コンパクトカーと軽自動車ではどちらを買うのが経済的にお得なのでしょうか?

実は軽自動車の方が車体価格が高い!?

kei1box

まずは現在人気の軽自動車の価格を見てみましょう。ダイハツのタントは新車価格122〜187万円ホンダのN-BOX(エヌボックス)は127〜185万円と内装や装備に凝ったハイグレードモデルを購入すると150万円を超えるのがほとんど当たり前のようになっています。

人気のスライドドアを搭載したワゴンタイプの軽自動車は、装備も充実しているため、見積もりを出してもらったら200万を超えていた・・・という話も珍しくありません。

現在もワゴンRやミラといったエントリーモデルは100万円前後ですが、それでも全体的に価格は高騰気味。軽自動車といえば100万円前後で買えていた時代がはるか昔のように感じられますね。

人気のコンパクトカーの新車価格は?

yellowaqua

ではコンパクトカーの場合、人気の車種の値段はいくらくらいなのでしょう?

まずトヨタのアクアから。燃費性能の良さでも注目されるコンパクトカーですが、新車価格は176万円〜と軽自動車の最上位モデルとほぼ同等の値段になっています。

そしてコンパクトカーの代名詞とも言われる、ホンダのフィット。こちらはなんと129万円〜と軽自動車並みの価格設定です。

軽自動車の最大のメリットはランニングコスト!

Hands of car mechanic

このように新車価格においては軽自動車とコンパクトカーでほとんど差がなく、場合によっては軽自動車のほうが高くなるケースもあります。にもかかわらず軽自動車は根強い人気を誇っており、日本の自動車販売台数の約半分を占めるとまでいわれているのには訳があるのです。

人気の理由はやはりランニングコストの安さでしょう。税制の見直しがされているとはいえ、普通車に比べると軽自動車の税金面でかなり優遇されている上に、保険料も安く設定さていることが多いようです。

最も違いが出るのは、タイヤやオイル類といった消耗品の値段の違い。軽自動車は消耗品も非常に安く、長く乗ることを考えた場合に長期的なランニングコストはコンパクトカーに差を付けられます。

軽自動車は整備費用・メンテナンス費用が安い

燃費面では両社同じガソリン車モデルで比較すれば、カタログ数値上はほとんど差がないレベルになっています。

軽自動車のデメリットも理解しておくことが大切

メリットだけでなく、デメリットに目をやることも忘れてはいけません。軽自動車が一番敬遠されるのが、パワー不足がしばしば指摘される点でしょう。排気量660ccと1000ccオーバーとではその性能差は大きく、特に高速道路や山道での走行時に顕著に現れます。

軽自動車は車体の寸法が制限されているため、車内を広くしようとすれば上に広げるしかありません。荷物の積載性ではコンパクトカーにアドバンテージがあります。レジャーなどで、人も荷物も積んで快適に移動することを考えた場合には、コンパクトカーが有利です。

それぞれのメリット・デメリットを知ろう

軽自動車とコンパクトカーでは車体価格に大きな違いはありません。ランニングコストでは軽自動車に分があり、積載性能や動力性能面ではコンパクトカーが有利でしょう。

車は決して安からぬ買い物です。どちらを選ぶにせよ、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、納得して選びたいですね。