軽自動車はボディーが薄いが、衝突事故での安全性は高いのか?

軽自動車は小回りがきいて乗りやすく、減税措置などのおかげでリーズナブルなことから、近年では普通自動車よりも人気の高い車です。

しかし一方で、気になるのがその安全性。ボディが薄く軽量であることから、軽自動車の安全性を疑う人もいます。今回は軽自動車の安全性について検証してみることにしましょう。

軽自動車も普通自動車も同じ

まずいっておかなければならないのは、軽自動車も車である限りは、しっかりとした安全基準をクリアして市場に出回っています。

自動車はどんな車種であっても安全テストを受けなければなりません。それは各メーカーが実施しているのではなく、自動車事故対策機構という独立行政法人が厳正に行っています。安全テストを基準にすれば、軽自動車も普通自動車も変わらないということです。

軽自動車の軽さは不利になる要素

ただ、軽自動車は普通自動車に比べて安全テストの結果そのものは優秀とはいえません。もちろん基準自体はクリアしていますが、安全テストの評価で見るとやはり普通自動車には劣ってしまいます。それは軽自動車が圧倒的に軽いためです。軽いものと重いものが同じスピードでぶつかれば、軽いものの方が衝撃に対して弱くなってしまうのは仕方のないことなのです。

衝撃吸収技術の進歩で安全を守る

軽自動車は確かに衝撃にもろいかもしれませんが、だからといって必ずしも安全ではないともいえません。車の安全性を高めるためには、主に二つの方法があります。

一つは、車体を固くすることです。こうすることで衝撃を受けても耐えられるようになります。ただしこれは昔の考え方で、今は歩行者保護の観点からも車体は柔らかくできています。

もう一つは衝撃を吸収する方法です。現在はこの考え方が主流で、衝撃を受けてもその力を逃がしてやれば、衝撃を和らげることが可能です。軽自動車には、こうした衝撃を吸収する工夫がなされています。

車はぺしゃんこでも室内を維持する構造

よく衝突事故の映像などで、軽自動車がぺしゃんこになっている映像を見かけることがあるでしょう。それを見ると軽自動車の安全性を疑う人もいるかもしれませんが、それは軽自動車が衝撃を吸収して強い力を逃がした証跡です。

確かに車そのものは大破しているように見えるかもしれませんが、人が乗るスペースは頑丈な檻のように守られています。わざとつぶれて衝撃を和らげる部分を作り、車全体がぐちゃぐちゃにならないような構造をしています。

軽自動車は一見ペラペラで柔らかそうに見えますが、衝撃を吸収することで中に乗っている人を守ることができるのです。

車の安全性は乗員をいかに守るかが重視される

車の安全性というものは、車そのものを守ることより、中に乗っている人を守ることが重視されなければなりません。その意味で、軽自動車の安全性は決して低くないということができます。

たとえ事故にあって車体そのものが破壊されても、軽自動車の場合それは車体が衝撃を吸収した結果そうなっています。軽自動車はボディが軽いからこそ、衝撃吸収の機能が高く、中の人の安全を守っているのです。