軽自動車にハイオク入れればパワーは上がるもの?

ガソリンメーター

「ハイオクはレギュラーよりもハイパワー」なんて聞いたことありませんか?

少しでもパワーアップを期待して、レギュラー仕様の軽自動車にハイオクを入れてみた・・・なんて話もちらほら聞きます。

外国車やスポーツカーなどはハイオク指定の車である場合が多いですが、そんなハイオクを軽自動車に入れるとパワーは上がるものなのでしょうか

今回はレギュラーとハイオクの違いなど、基本的なことから詳しく解説していきたいと思います。

そもそもハイオクとレギュラーの違いは?

ハイオクとレギュラーはオクタン価と呼ばれるものが違い、ハイオクの方がオクタン価が高くなっています。オクタン価は高圧力でも発火しにくさを表す数値で、ハイオクの方が発火しにくいという特徴があります。

ただ、これは燃えないということではなく、ハイオクの方が必要のないときに燃えてしまう可能性が低いということです。エンジンはガソリンを燃やしてエネルギーを得ますが、燃やしたくないときに燃えてしまうと燃費の悪さやノッキング(異常燃焼)につながります。

軽自動車にはレギュラーを入れる理由

軽自動車など国産車の多くはレギュラーを入れること前提でエンジン設計をしており、不完全燃焼や不必要な燃焼を起こさないようにしています。

パワーを得るようにエンジンを設計するとハイオクでなければ作ることができませんが、軽自動車の小さなエンジンの耐久性や燃費性能を考慮して経済性に重きを置いた設計になっています。

軽自動車や日本での使用を前提とした車ではそこまでのパワーは必要としないため、レギュラーを使うエンジンとして設計されていることがほとんどなのです。

軽自動車にハイオクを入れるとどうなる?

先ほども説明したように、レギュラー用に設計したエンジンは、ハイオク仕様のエンジンと比べて構造が異なっています。

そのため、ハイオクを入れてもエンジン自体のパフォーマンスが上がることはありません。つまり、ハイオクを入れてもパワーが上がることはないと考えて良いでしょう。

※ちなみにハイオク仕様車にレギュラーを入れてしまうと、コンピューターが自動的にエンジン出力を制御して負荷をかけないようにパワーダウンします。

それでもハイオクを入れるとするなら

エンジンはガソリンを入れることで汚れが溜まっていくのですが、レギュラーよりもハイオクには「すす」を取り除くケミカル類が入れられていることがあります。そのためレギュラーを使い続けていると、数年後には新車時と比べてパワーや燃焼効率が落ちている場合があります。そこにハイオクを入れると、一時的にエンジンが洗浄され、エンジンが軽くなったように感じることもあります。

普通に使っていればレギュラーでOK!

ここまでの説明を読んで、わざわざ軽自動車にハイオクを入れるメリットはそこまでないと感じていただけたのではないでしょうか。国産のエンジンはよく設計されており、普通に使って車検や整備などを定期的にしていれば長く使うことができます。

ハイオクはレギュラーよりも価格が高いですから、そのようなところでお金を使うのではなく、定期的に整備することにお金を使う方が車のもつ性能を存分に発揮することができるでしょう。