軽自動車の残価設定ローンは本当にお徳なのか?車屋の意見

最近の軽自動車は150万円以上するものも多く、軽自動車といえどもローンを組む人も多いでしょう。そんなときに選択肢のひとつとして考慮すべきなのが残価設定クレジット(ローン)契約です。

そもそも残価設定ローンとはなにか、という基本的な点からそのメリット・デメリットまでを紹介します。

そもそも残価設定ローンってなに?

残価設定解説

例えば100万の軽自動車をローン(分割払い)で買うとします。

仮に3年でローンを組む場合は、通常なら100万円+諸経費分を36回で分割して計算し、ローン契約を結びますよね。

残価設定型では、3年経ったあとの車の残存価値(残価)をあらかじめ決めておき、初めの分割額の計算から差し引くという仕組みのローン契約です。

単純に考えて、3年後に50万の価値が残っている設定されていれば、100-50=50万円+諸経費の分割になりますから、毎月の支払金額を低く抑えることができるということになります。

残価設定ローンは、残価設定型クレジット、残価設定型プランとも呼ばれ、一般的なローンとは異なり3~5年後に手放すことを前提としたローン契約を結びます。

残価設定ローンは3~5年後に返却することを前提としています。もちろんその際に残りの金額を支払って購入することも可能ですが、それまでは所有権は業者にあります。

リースと違って途中で買い取ることができるのが違いですが、基本は3年、5年という契約満了日までに、車を返却するか、新たにローンを組み直して乗り続けるかを選ぶようになっています。

残価設定ローンのメリットとは

残価設定ローン最大のメリットは月々の支払いが安くなる点に付きます。単純に毎月の支払額が半額になりますから、毎月の支払いはかなり楽になるでしょう。

まとまったお金が用意できないという場合や、頭金を組み込んでも通常の購入契約だと月々の支払いが厳しい・・・。こうしたケースに無理なく支払いを続け、車以外にもお金を回せますよ!というのが自動車販売側の謳い文句です。

ただし、特徴的なデメリットもあるため、勘違いによるトラブルに発展するのも多いのが残価設定ローンの痛いところなのです。

残価設定ローンにもデメリットがある

Female hand giving a key for buyer or rental car.

残価を設定するということは、契約時に設定した車の価値を維持するために、様々な制限が設定されるのが通常のローンとの大きな違い。

一番デメリットとなるのが、走行距離に限度が定められることでしょう。車は距離で価値が大きく変わりますから、好き放題に乗られては契約後に返却されたときにローン会社が大損してしまいます。

そのため、推定の走行距離をはじめに選択するようになっていますが、距離設定が多いほど価値は下がるので月々の支払金額は高くなってしまいます。

もし設定した走行距離を上回ってしまったら・・・

急な生活環境の変化で、車を頻繁に使うようになったというケースはあるでしょう。距離数が契約時の規定をオーバーしてしまう場合には、オーバーした距離分を返却するときに追加清算します

※もちろん返却せずに買い取ってしまうような場合なら、距離はあえて気にする必要はありません。

走行距離を気にせず自由に乗り回せないというのは、人によっては大きなストレスを感じるかもしれませんね。

事故したり傷つけた場合の制限はどうなる?

残価設定ローン契約で車を買うときは、「修理の免責基準」が決められています。修理金額にして、〇〇円相当までは治さなくても返却できるという基準のこと。

車は普通に乗っていても飛び石で傷ついたり、買い物で止めていて隣の車のドアが当たったりと、小さな傷は必ずついてしまうものです。こう言った部分を見越して、多少の傷なら気にしなくても乗れるようになっています。

ただし、傷や痛みの度合いによって追加の金額を支払わなければならない場合もあることは頭に入れておくべきです。事故で車の価値が下がるというのは、何も残価設定に限った話ではないので、注意して乗るに越したことはありません。

3年で定期的に乗り換えていこうと考えているのであれば、なるべく大事に乗っていく気構えも必要ですね。

改造やチューニングにも制限はある

残価設定ローンでスポーツタイプの車を買ったりすると、改造パーツを付けたりチューニングを楽しみたい場合もあるでしょう。ただし過度な改造は返却時に元に戻すことを求められる場合もあり、余計な費用が発生するケースもあります。

またサーキット走行などの過度な使用が禁じられてるので、車に手をかけてスポーツ走行を楽しむ予定があるなら残価設定型ローンはお勧めできないといえます。

どんな人が契約してるローンなの?

pinkcar

実際に残価設定ローンを販売してきた経験で少しお話をします。

結局どんな人が、残価設定で車を購入しているのでしょうか??販売した経験の中から、多かったケースを紹介します。

普段あまり乗らないけど車はないと困る人

一つ目は普段あまり車に乗らないけれど、ないと困るといったタイプの人です。

ごくごくたまにしか乗らないけど、カーシェアやレンタカーではなく、いつでも自由に使える車を置いておきたいという需要の人。

距離は走らないし、いつ不要になるかわからないから、3年ごとに契約を見直していきたいという考えの人です。後述するリース契約と比較されましたが、途中解約できないリースをやめて自由度の高い残価設定ローンを契約していました。

車検ごとに車を乗り換えて新車にしたいという人

次に一定期間ごとに新しい車に乗り換えたい、と考えている人にも向いています。

意外ですが3年ごとに車を新車に乗り換えてくれるという人は一定数みえます。どの道3年しか乗らないので、残価設定ローンで支払いを続けた方が、値下がりのリスクも少なくトータルでの支払いが安くなるというケースです。

契約時に設定された残価は、たとえ3年後に車の価値が大きく下落しても、連動して変更されたりはしないというメリットを生かした乗り方です。

就職ですぐに車がいるけど頭金が用意できないという人

とにかく月々の支払いを安く済ませたい、緊急で車が必要だけれども初期費用が用意できないなど、車に多くのお金をかけられない・かけたくない人が挙げられます。

頭金がなくてもとりあえず月々の支払いは安く抑えられるということで、必要に迫られて購入する人も多かったです。通勤で使うから、故障が心配な中古車では嫌だという理由もありましたね。

このように目的がはっきりしていれば、残価設定ローンを使うメリットは見いだせる契約方式なのです。

メリットにもデメリットにもなる話

残価設定という名前の通り、契約の区切りである3年とか5年経過後に、残価(車の残存価値)がたくさんある車ほど月々の支払いが低くなるメリットがあります。

見極めは、設定されている「残価率」をチェックすること。3年契約で残価率50%とか出ていれば、毎月の支払いをぐっと下げられますから、残価設定ローンを組む恩恵を最大限受けられます。

s660

おおむね3年後の残価で40%以上あれば、十分残価は高い人気車種であると判断できます。50%以上のものはめったにありませんが、スポーツカータイプや、スライドドア形式の軽自動車では人気と稀少性から高い残価が設定されるケースがあります。

この反対で、残価が異常に低いタイプの車もあるので注意が必要。不人気車であると当然残価は低くなり、3年で20%から30%しか残らないというのもざらです。こうなると月々の金額を低く抑えるという残価設定のローンのメリットは薄れてしまいます。

購入する車種次第で、残価設定ローンを使ってもいいか、通常のローンを組んだ方が割安か?という判断ができるのも面白い契約だと思っています。

残価設定ローンは個人リースに近い?違いは?

ここまで特徴を見てきた通り、残価設定ローンは購入するための一般的なローンよりは、リース契約に限りなく近いものということができるでしょう。

個人リースとの違いは、車を借りているわけではないので、最終的にお金を払えば所有権は自分に移ります。さらにリースのように途中解約という概念はなく、あくまでもクレジット会社から借りたお金を返しているだけです。繰り上げ返済をすれば、途中で車を売却して乗り換えるのは自由にできるのが大きな違い。

残価設定型ローン リース契約
所有権 ローン会社かディーラー リース会社
税金の支払い 契約者に届く リース料に組み込み
途中解約 一括でローン返済すればいつでも可能 基本リースの途中解約は不可。違約金が発生する。
要するに・・・ お金を借りている(金融) 車そのものを借りている(物融)

またリースでは税金や整備費用をすべてリース料に組み込めますが、残価設定ローンはあくまでも車だけ。毎年の自動車税は自分で払い、車検整備も必要に応じて自己管理で行わねばならない点が異なります。

法人として社用車の管理を楽にしたいならリースにメリットがあります。残価設定ローンは、個人向けのリースを、より利用しやすい形にしたという見方もあります。

金額の設定方法が似ているため、リース契約を検討している人にとっては、残価設定ローンは比較的わかりやすいと思います。仕組みをしっかりと理解して、上手に利用したいですね。