軽自動車を個人でリース契約するメリットはある?

シンプルな生き方が注目を集めている現在、車も所有するのではなく必要なときにだけ使うスタイルが広まってきています。

そんな中で注目したいのが個人のリース契約。法人ではよく聞きますが、個人のリース契約とはどのようなものなのでしょうか。物を持たない時代だからこそ、軽自動車リースのメリットについて知っておきましょう。

軽自動車個人リースはどんな人におすすめ?

軽自動車の個人リース契約がおすすめできる人は、以下のような目的で車を購入する人です。

  • 新しい車に定期的に乗り換えていきたい
  • 毎年の税金や車検の支払いが面倒で一元化したい
  • 個人事業主で法人化はしていないが経費に組み込みたい

個人向けのリースの特徴を解説しながら、それぞれのメリットについてまとめていきます。

短いスパンでどんどん新車に乗り換えられる

リース契約の一番のメリットは新しい車にどんどん乗り換えられることです。通常3年から5年の間での契約になり、車検が来るタイミングで契約を更新していくスタイル。

軽自動車であれば、月額2万円程度から契約することが可能です。初期費用は必要なく月々の支払いのみのケースも多く、手軽に新車を乗り換えていくことが可能になります。

車好き、特に新しい車を乗り回したい人にとっては、メリットとなる契約だといえるでしょう。

税金や車検の整備費用を組み込める

リースの特徴として、月々の定額料金の中には、新車の車両料金だけでなく、リース期間中の自動車税や重量税などの維持費も込みになります。車を所有する際の不安点のひとつであるランニングコストも一定レベルで抑えられますから、先の見通しが立てやすく安心感を持って契約できる仕組みです。

リース契約のメリットは、とにかくすべてが定額料金内に含まれていることです。プランによってはなんとオイル交換費用や車検時の基本点検整備費用を組み込むこともでき、基本的にはお金を払っているだけで煩わしい手続きから解放されます。リースの整備はディーラーや契約整備工場の、顧客の囲い込み戦略としての目的もあるため、その都度整備を受けるよりも割安なパックとなっています。

軽自動車リースの場合、毎月の支払いがおよそ2万円前後。新車を納品してもらい2年間にかかる費用は、2万円×24カ月=48万円+ガソリン代となっています。これは自分で新車を購入するケースと比べても、考え方次第ですがメリットとなる部分です。

リース契約は経費としての扱いが認められる

リース料は基本的に事業の経費として認められます。法人格を持っていない個人事業の人が、個人名義でリースを組むことで経費の管理が一元化できて楽になります。

リースはディーラー以外でも取り扱いがある

最後に申し込みの手軽さもリース契約の魅力のひとつとして紹介しておきましょう。

リース契約は何もディーラでしかできないものではなく、オートリースを取り扱うリース会社経由で契約できるものがあります。

業者経由では車両の値引きなどで不利なのでは?と思いがちですが、リースの場合はあくまで月額のリース料がいくらなのかが問題。

乗りたい車が決まっているのであれば、ネット上からすぐに申し込みをすることが可能です。

カーリース大手のオリックスリースでは、ネットから見積もり・契約の審査まで行えます。ディーラーには無い、中古車のリースの取り扱いもあるためリースを検討するなら比較対象に入れるべきでしょう。

審査のスピードも迅速で、審査に通ればあとは契約書類の記名や新車登録書類の手配などを行うだけ。自宅にいながらにして新車が手元にやってきます。

軽自動車でもリースのメリットは少なくない

個人でリース契約を行うことのメリットを紹介しました。今回紹介したのは軽自動車に限らずすべての車種に該当することです。軽自動車の場合、その魅力のひとつにランニングコストの安さがあるため、リース契約のメリットが薄いと感じられるかもしれません。ですが短いスパンで新車に交換できる点や、初期費用の安さなどリース契約ならではのメリットもあります。「車は絶対買って乗るもの!」と思わずに、少し柔軟になって個人リースを考えてみるのもひとつの手です。