軽自動車で人気のカラー・車体色は何色?車の色による特徴を知る

小回りのきく軽自動車は運転しやすく、街中を走るにも便利な車ですね。節約志向が高まっている近年では、ますます人気が上昇中です。

軽自動車はカラーのバリエーションも豊富なので、どれにするか迷ってしまうことでしょう。そこで今時の軽自動車は、どんなカラーが人気なのかを調べてみました。

老若男女問わず人気!ホワイトは最も無難

走る軽自動車

各写真の提供はpixta株式会社様より

軽自動車でも一番人気は、やっぱりホワイト。明るく清潔感があり、誰からも好まれる色といって良いでしょう。運転する人の性別も問いません。また、洋風の家でも和風家屋でも、駐車場に違和感なく馴染むのも良いところです。

白は汚れが目立つイメージがありますが、逆に白いホコリは目立たないというメリットもあります。どのメーカーであっても必ず出している色なので、車種の選択肢も広がりますね。

ただのホワイトではなく、輝きの粒子がちりばめられたパールホワイトも人気があっておすすめです。パールホワイトは一般に特別色として、購入時に追加料金が発生します。ただし塗装の層が分厚く傷つきにくいうえ、中古として売るときにも人気色なのでプラス加点されるメリットがあります。リセールバリュー(手放すときに値落ちしない車)も考えた選択ではホワイトパールに人気が集まる理由が分かりますね。

黒は汚れが目立つがリセールバリューがいい

kuroaqua

ホワイトに次いで人気があるのはブラックです。こちらも自動車の人気色として定番色ですね。高級感があってかっこいいイメージのある色なので、男性・女性問わず好まれます。ファミリーカーとしてパパ・ママ兼用で運転する場合にも選ばれやすい色です。

ただ、雨上がりの水滴や砂ボコリ、洗車キズが目立ちやすい色でもあります。一方で、手入れをきちんと行えば行うほど綺麗に光り輝き、魅力が増していく色でもあります。

ブラックは中古車市場で最も人気の高い色で、需要の少ない原色カラーなどと比べると数万円も下取り価格に違いがでてくることがあります。日ごろのメンテナンスには目をつむっても、リセールバリューを考えて黒を選ぶという人も多いのです。

シルバーは手入れが楽な車の基本色

kei4wd

シルバーやグレーは車の基本色として扱われ、世代問わず人気のある色です。無難で飽きがこない色なので、年齢を重ねても違和感なく長く乗れるのが人気の秘密です。

若い人よりどちらかというと、年配の人に好まれる傾向があります。若い人には、シルバーのなかでも濃色系のガンメタリック(濃灰)カラーが人気です。

シルバーの良いところは、何といっても他のカラーよりキズや汚れが目立ちにくいところでしょう。「忙しくて、洗車をするヒマがない」「メンテナンスは面倒」と感じる人にとっては、大変便利なカラーです。

車を売るときにはプラスにこそなり得なくても、シルバーだからと言って値段が落ちることはなく、良くも悪くも無難に乗りたい人に好まれる色です。

原色系カラーってどう?

kei4yelow

定番色や無難な色ではなく、個性を出したい人に選ばれているのがレッド・ブルー・イエローといった原色カラー。その中でもレッドが特に人気で、若い人や女性に好まれています。信号で「止まれ」を意味する色でもあるので、他の車に注意を促して事故に遭いにくいといった論説もあります。視覚的には目立つので、他の車から見つけられやすいという点では、もらい事故率に影響はあるかも知れません。

とにかく目立つので、駐車場でも探しやすいですね。エネルギーのあるアクティブな色なので、乗っているだけで元気になれそうです。

ただし原色系カラーのデメリットしては、中古車市場で需要がない色だと、車を売るときにマイナス評価を受ける可能性がある点です。その車種の売れ筋や、業界の流行にも左右されるので一概には言えませんが、気に入った色なら乗りつぶすつもりで大事にしてあげるのがいいでしょう。

人気が高いのは定番カラー

軽自動車のカラーはたくさんありますが、やはりホワイト・ブラックといった定番色が人気です。万人受けする定番色は、飽きずに乗れる上に、売却する時にも査定金額のアップが見込めますよ。