軽自動車は実は安くない? 「軽」が高価格化する理由

ひと昔前は低所得な庶民の足というイメージのあった軽自動車ですが、最近ではどんどんと高価格化が進んでいます。100万円以下で購入できるものも存在しますが、現在の主流は150万円以上、中には200万円に迫るものもあり、さして普通車と変わらない印象を受けるでしょう。軽自動車が高価格化する背景にはどのような理由があるのでしょうか?

軽の充実装備による高級化が進んでいる

1つ目の理由は軽自動車の装備の充実です。昔の軽自動車といえば、普通車には標準搭載されているものが装備されていないことも多く、ワンランク下の車という認識でした。現在は車体自体にかかる費用が安い分だけ、内装や付属品にお金をかける傾向にあります。結果として軽自動車が普通車並みの値段となり、ついで普通車以上に豪華な内装となっているケースも少なくありません。

軽自動車を一家のメイン車として使う人が増えた

軽自動車というと、従来はセカンドカー的な位置づけで、家族の人が乗る足として使ったり日常の足として乗る人が一定数を占めていました。軽自動車1台というより、普通車を乗っていて、軽自動車も持っているという感覚なので、あまりお金をかけない人が多かったのです。

しかし現在は軽自動車をメインの車種として使う人が増え、おのずと1台にかける費用やこだわりを持つ人が増えてきているといえます。そのため装備も充実し、安全性や機能性の向上とともに普通車以上ともいえる装備品が装着されるようになってきたといえます。

メーカーは軽を作りたい!?

メーカー側にとって、軽自動車は非常に売りやすい商品です。売れる理由としては、車庫証明が不要な地域があることや、燃費の良さ、そしてなにより税制面で優遇されている点が大きいでしょう。つまりは多少高い価格設定をしても売れるための環境が軽自動車には用意されているのです。メーカー側は普通車よりも強気の価格設定をしやすく、その分利幅も大きく取ることが可能になります。

優遇された税制が高価格をもたらす?

言い換えればこれは、優遇された税制によって高価格化がもたらされているといえます。多くの人は車を購入する際に本体価格と同じ、あるいはそれ以上にランニングコストを重視します。ランニングコストの安い軽自動車は本体価格が高くても売れるという、ややいびつな論理がまかり通っているのではないでしょうか。少し極端な話をすると、ランニングコストにばかり目がいってしまい、トータルで見ると普通車の方が安いという逆転現象すら起こりうる状況になってしまいます。

グローバルな視点から見ると

最後にグローバルな視点から自動車市場を見てみましょう。世界経済は一時的な後退局面はあるものの基本的に前進を続けており、それに伴いさまざまな商品の価格が上昇しています。とりわけ自動車はグローバルな影響を受けやすい産業ですから、日本国内のデフレ情勢よりも世界的なインフレに大きな影響を受けることになります。結果として世界の物価上昇に合わせて自動車の価格も上がることになるのです。

多角的な視野は購買者にも役に立つ

軽自動車の高価格化の理由を、多角的に考察してみました。一般的に価格というものはひとつの理由によって決まるのではなく、さまざまな要因が複雑に絡み合って決まるものです。同じように購買者である我々も、車を購入する際には多角的な視野で本当の価値を見極める必要があります。