雪道に強い軽自動車はどれ?スキースノボにおすすめの車種

燃費面や税金といった維持費の安さが売りの軽自動車ですが、普通車と比べると悪路での走りは劣るのではないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。今回は雪道に強い、スキーやスノーボードへ出かけるのに適した軽自動車を紹介します。

☆ポップな軽SUV、ハスラーの雪道走破性

登場以来、ポップな見た目やカラーのコンパクトSUVとして大人気を博しているのがスズキ・ハスラーです。「遊べる軽」というキャッチコピーにふさわしく、アウトドアを想定した装備を搭載。

雪道に強い理由は、下り坂でもブレーキなしに超低速を維持してくれるシステム(ヒルディセントコントロール)や、雪で滑る路面で片方のタイヤが空転しても、グリップを担うタイヤに力を集中させて走行できる機能があります。最近の流行にならって室内も広いので、ウィンタースポーツのギアを詰め込んでも快適な運転ができるでしょう。

☆雪道最強はオフロードの定番ジムニー

kei4wd

軽自動車におけるオフロードの定番はスズキ・ジムニーでしょう。最低地上高は約20cmと多少の雪道なら難なく進めます。ジムニー最大の特徴は、4WDと2WDの使い分けがスイッチひとつで切り替えられるという点です(ドライブアクション4×4)。通常走行では2WD、悪路では4WD、坂道では4WD-Lと使い分けるのが便利です。

雪国では大人気のパジェロミニ

三菱自動車のパジェロミニは2016年現在では生産を終了していますが、中古車を探せば数多くの在庫を見つけることができます。長年ジムニーのライバルとして軽SUVの人気を二分してきた存在で、高い車高による走りやすさと車体の軽さからくる止まりやすさは深雪に対して抜群に強い車として、雪国では絶大な人気を誇っています。

横滑り防止機能があるN-BOX

軽自動車ながら広い居住空間を売りに市場を席巻しているホンダ・N-BOXですが、実は雪道においても強みを発揮する機能がついています。それは、軽自動車では珍しい安全装備である横滑り防止機能です。車がタイヤの滑りを感知して、横滑りによる膨らみを防ごうとアクセルとブレーキを自動制御してくれる優れたシステムです。軽自動車にはあまりついていない機能で、クネクネした道を走るのに適したシステムであるといえるでしょう。

元々軽自動車は雪道に強い特性を持っている?

実は軽自動車は基本的には雪道での安定性が高い性質があります。タイヤが細く1輪当たりの荷重がしっかりかかるため、雪道でも路面をとらえやすく安定性があるのです。ほとんどの乗用軽自動車はFF(前輪駆動)であり、エンジンの荷重が前輪にかかっているためスリップしにくい駆動方式でもあります。(一部商用軽バンタイプ除く)

関連:軽商用車は雪道に弱い!冬に安心な軽バン比較検証

雪道に強い車だからといって過信は禁物

定番から人気の新車種まで、雪道に強い軽自動車を紹介してきました。しかし、これらの車に乗っているからといって、必ず雪道が安全に走れるかといえば、それは言い切れません。雪道を走る上でスタッドレスタイヤは必須ですし、急加速や急ブレーキはご法度です。車の性能もさることながら、安全に運転しようとするドライバーの心がけも重要なのです。