軽自動車の寿命は何年、何キロ?効率的な乗り換えの時期

いま乗っている、またはこれから買おうとしている軽自動車の寿命はどれくらいなのか、耐久年数耐久走行距離の目安はどれくらいなのかは気になるところです。

軽自動車の寿命は普通車よりも短いのでしょうか?今回は気になる軽自動車の寿命と耐久性についてまとめてみました。

軽自動車の寿命は10年・10万kmは正しい?

かつて軽自動車の寿命は10年、走行距離10万kmが目安と言われていました。これはもうすぐ壊れてしまうから走ることができないというよりも、10年・10万kmを超えたら車としての価値がないという意味合いが強いものでした。

もちろん機械部品の塊である自動車は、年月を経たり走行距離が増えたりすることによって壊れるリスクは高まります。しかし年々軽自動車の性能や耐久性は向上しており、10年・10万kmを超えからといってすぐに壊れるようなことはありません。

軽自動車の寿命はメンテナンス次第

軽自動車の耐久性は以前よりもずっと向上していますが、それを生かすのに大切なのがメンテナンスです。例えば何のメンテナンスもしていない走行距離3万kmの車より、きちんとメンテナンスされた走行距離10万kmの車の方が状態は良いでしょう。

最低限メーカーが推奨する頻度で点検・整備をし、オイル交換などもきっちりと行うことが、軽自動車の寿命を伸ばすことにつながります。軽自動車の耐久性が高くなった現在では、メンテナンスをしっかり行えば20万km以上走ることも可能です。

軽自動車は普通車に比べるとエンジンの回転も高めになるため、オイル交換はマメに行うのが長持ちの秘訣。車検の時しかオイル替えないというのはエンジンを傷めるもとです。

10万kmを超えると交換が必要な部品が増えてくる

走行距離が10万kmを超えるとメーカーが交換を推奨する部品があります。もうそろそろ寿命が来る部品なので、故障する前に交換した方がよいですよという理由です。10万kmを超えた後の定期点検や車検の際に交換を薦められます。

メーカーや車種にもよりますが、「タイミングベルト」「ウォーターポンプ」「燃料フィルター」「オルタネーター」「プラグ」などが交換を推奨されている部品です。交換する部品も多いうえにエンジン内部の部品もあって工賃も高くなり、メンテナンス費用は増えてきます。

きちんとメンテナンスすれば20万km超も走行可能

軽自動車の耐久性は高まっており、寿命が10年・10万kmと言われたのは昔の話です。きちんとメンテナンスすれば20万km以上走行することも可能です。しかし10万kmを超えてメンテナンスのコストが増えてきたり、13年を超えて税負担が重くなったりした際に買い替えを考えてみるのも良いでしょう。

軽自動車の買い替え時期は?

耐久性が高まって、きちんとメンテナンスすれば20万km以上走行できる軽自動車ですが、買い替え時期はどのようなタイミンがよいのでしょうか。

ひとつには走行距離が10万kmを超えてメンテナンスのためのコストが増えてきたときです。例えば足回りなどの交換が必要になれば、10万円以上の修理費用が必要なこともあります。もうひとつは税金が高くなる13年を経過したタイミングです。

新車登録から13年経過した軽自動車は、軽自動車税と自動車重量税の負担が増えます。環境への影響が大きい古い車の税負担を重くして、環境に優しい新しいエコカーの税負担を軽くするという制度です。ある意味、国が新車に買い替えなさいと言っているようなものですが、このタイミングで買い替えを検討するのも良いでしょう。