軽自動車で車中泊するときにあると便利なグッズ

軽自動車の運転を長時間して疲れてしまった時や泊まれるホテルが見つからなかった時、遠方への一人旅などは、車中泊ができると便利ですね。

しかし、そのまま車の中で寝るとなると、お世辞にも快適とはいえないのではないでしょうか。特に、軽自動車の場合はシートを綺麗に平らにするのが難しい上に、その狭さから身体が痛くなってしまいますよね。何の準備もないままでは、寝る時だけではなく、さまざまな面で問題も発生しそうです。

そこで、軽自動車で車中泊をする際、あると便利なグッズについてまとめてみました。

布団とマットで安眠!寝袋でも快適に寝られる?

軽自動車での車中泊は、そのまま座席を倒して寝るだけだとシートが固くてなかなか寝付けないものです。そんな時のために、掛け布団と敷いて使うマットがあれば、快適に眠ることができるでしょう。

マットは、低反発やエアー注入されたタイプがありますから、お好みに合わせて選ぶのがベストです。車中泊に特化したマットも販売されており、出かける頻度が多い場合は持っておくと快適な車中泊になります。掛け布団に関しては、夏ならタオルケットで問題ありませんが、冬は保温性の高い毛布だと凍えずに済みます。

荷物がかさばるのが嫌だという方は、アウトドア用の寝袋という手段もあります。冬場は特に保温力に優れ、車中泊に必須ともいえる装備です。

快適に寝られるかどうかは個人差があるでしょうが、寝相が悪い方でも布団を跳ね除ける心配はありませんから、安心して眠ることができますね。

日よけや安眠のために!目隠しにもなるマルチシェード!

ゆっくり寝たいから朝の眩しい日差しに邪魔されたくないという場合は、マルチシェードが便利です。全ての窓に使用すれば、日差しをしっかりシャットアウトできます。単純に日よけになるだけではなく、安眠の手助けにもなるでしょう。

また、透かしのないタイプなら目隠しにもなるため、知らない人が覗くように見てきて不快な思いをする、という事態も避けられます。全面に使っていれば、そのまま車の中で着替えることも可能です。

車種別に専用設計されたシェードもあり、車内の保温にも効果的な商品も出ています。

安心して過ごすために!連続点灯時間の長いランタン!

何か探し物をしたり、一時的に照らしたりしたいだけなら、懐中電灯や車のルームライトでも問題ありませんが、明かりが長時間欲しい場合は不向きです。特にルームライトは、長時間つけっぱなしにしてしまうと車のバッテリーが上がってしまうため、できる限り避けなければなりません。

夜の長い時間、周囲をしっかりと照らしたい時はランタンが大いに役立ちます。キャンプ用に作られたLEDランタンなら、連続点灯時間が長めなので、暗闇が怖いと感じる方でも安心です。防犯面ももちろん、災害時にも活用できるので、利便性は非常に高いといえます。

自然災害の時も役立つ!?緊急時に便利な携帯トイレ!

車で寝ること自体に直接の関係はありませんが、車中泊をして過ごすのなら緊急時に役立つアイテムも積んでおくと良いでしょう。特に、携帯トイレは使える場面も多いです。

車中泊をしている場所が高速道路のパーキングであれば問題はありませんが、それが道路脇やあぜ道となれば、簡単にトイレには行けませんよね。近くのコンビニまで足を運べれば良いのですが、緊急時はそうも言ってはいられません。

どうしても尿意を我慢できない時に携帯トイレがあれば、慌てずに対処できます。また、出先でもし地震などの自然災害に遭ってしまった時も、携帯トイレがあれば重宝するでしょう。

車中泊の便利グッズはたくさん!快適に過ごすために積んでおこう!

車中泊の際に便利なグッズについて、いくつかピックアップしてご紹介しましたが、いかがでしたか?よく眠れるようにするためのものや防犯上で役立てるものなど、車中泊の便利グッズはたくさんあります。

快適に過ごすためには欠かせないものですから、できる限り車の中に積んでおくと良いでしょう。特に、軽自動車の場合は本来、大きいサイズの車よりも快適な車中泊がはるかにしづらいため、安眠をサポートしてくれるグッズは必要不可欠です。