ターボ付き軽自動車の耐久性を考える

ターボ付き軽自動車は、普通の軽自動車に比べて坂道を上りやすく、発進もスムーズです。

しかし、ターボ装置を搭載しているために、それ特有の故障や不具合も起きやすく、耐久性の考え方に違いがあります。購入検討はその特徴を把握した上で行うのが賢明と言えるでしょう。

オイルの消耗は普通車よりも激しい軽ターボ

ターボ装置付き軽自動車の耐久性に最も影響するのが、エンジンオイルです。軽自動車は基本的にエンジンオイルの搭載量が少ない設計となっています。

ターボ装置を利用することでエンジンは通常より多くの負荷がかかりンジンオイルの消耗が激しくなります。ターボの機関部であるタービンは、オイルで軸を潤滑して円滑に回転をします。そのためタービンの高熱にさらされやすく、汚れも急速に進みます。汚れきったエンジンオイルのまま運転し続けると、オイルの潤滑で回転するターボ装置はすぐに故障してしまうものです。

近年の軽自動車ターボのタービンは、エンジンオイルが高熱のタービンの冷却も兼ねています。オイルを循環させることで高温のタービンの焼き付きを防いでいますが、これも高熱によるオイル劣化の要因になります。

多様な目的で酷使されているにもかかわらず、オイルの絶対量が少ないのが軽自動車のエンジンの弱点であるともいえるのです。

オイル自体は高価なものでなくともよいので、3000キロごとと少し早めに変えていくとよいと個人的には考えています。もちろん各自動車メーカー指定のオイル規格は守る必要がありますが、高価だからと言ってオイルの寿命が延びることはありません。故障リスクを考えた場合は、最低限オイル交換はマメにしていくのが経験上いえることです。

耐久性を考える上で、普通の軽自動車と考え方が違うのはこの点に関わります。軽自動車全般に言えることですがエンジンオイルは点検をこまめに行い、その交換もまめにする必要があります。1か月に1度、日常点検を行う習慣をつけて、エンジンオイルをチェックすることが大切です。

毎日のチェックを念入りに行っても、日常点検をどれだけ頑張って行っても、自動車の耐久性自体を高めることはできません。しかし、その特徴を把握した上でチェックや点検を行うことで、自動車も装置も寿命を長くする事は可能です。

軽自動車と言えどもタービン故障の修理費は高い・・・

タービンは意外と高価なパーツ

タービンは意外と高価なパーツ

タービン装置が1度故障すると、その修理には10万円以上が必要となります。

酷い場合にはタービン周りのパイプ類の交換も必要となり、修理費用は20万円近くと高額な出費となってしまいます。

ターボ装置付き軽自動車の購入を検討する際は、メンテナンス費用の年間予算を立てることが有効です。予算を使って故障する前に修理や部品交換を行っていけば、故障のリスクを最小限に抑えることができます。

まとめ

ターボ装置付き軽自動車は、従来「故障しやすいもの」と言われていました。しかし、現在は技術進歩により改良・改善が施されています。以前よりもメンテナンスの手間も減り、耐久性の高い自動車として利用することが可能ですが、特有の特徴はしっかりと踏まえて利用しなければいけません。

ターボ車を購入を検討する際は、車の性能や仕様の調査と共に、オイルだけはこまめに交感しておくと良いでしょう。