軽自動車ターボは焼き付き防止のためマメなオイル交換を

タービン

軽自動車でターボチャージャー搭載のクルマの場合、一番注意したいことは焼き付きの防止です。

焼きつき防止といっても特別なことは必要なく、エンジンオイルの交換をまめにしていれば特別な注意は要りません。

以前は激しい走行をした後はしばらくエンジンをアイドリングさせ、タービンを冷やしてからエンジンを停止させるのが常識とされていましたが、最近の軽自動車はタービンを冷やすために冷却水・エンジンオイルを循環させるのでその必要は改造車で無い限り必要なくなりました。

ただし長期間エンジンオイルを交換していなくてドロドロになっていたりすると、オイルの潤滑で高回転するタービンは負荷がかかってきてしまい焼きつきトラブルを起こすこともあるのです。

このごろはディーラー営業マンも無知な人が多く、ターボに関しては説明が無いことがほとんど。オイル交換に関しても、あまりアドバイスがないのはさみしい限り。しかし整備手帳を見ると「ターボ装置付きのオイル交換は3000キロごとに交換してください」と普通に書いてあったりするので良く確認して愛車を労わってあげましょう。

タービン周りのゴムシールも劣化したオイルで消耗する

スズキタービン

難しい話をすれば、タービンの周辺は細々としたパーツで溢れています。

回転軸であるシャフトやオイル漏れを防ぐシールなどは、劣化したオイルで酸化が進みオイル漏れなどの原因もあります。タービン周りのオイル漏れを防ぐ意味でも、こまめなオイル交換は必要ということ。

オイル漏れによるタービンやコンプレッサの破損、オイル配管の破損なども焼き付きトラブルの要因となるので注意が必要。劣化したエンジンオイルを使用して、無理な走行を続ければ補器類が劣化してタービンが焼き付くこともあるのです

まめなオイル交換をして、車検でのしっかりとした点検で症状を早期発見すれば、重篤な状態となる前に完治が可能です。

ターボタイマーの装着は必須か?

ターボタイマーとは、走行した後にタービンを冷やすため、一定時間エンジンをアイドリングさせておき、タービンが冷えたら停止させるという外付けの装置です。

未だにエンジンの焼き付き対策としてターボタイマーの設置をするか否かという議論がありますが、一般的に考えればこれも不要です。

と言うのも、タイマーの設定時間は3分程度で、駐車直前までタービンがフル回転しているというようなことは考えられません。

加速時にタービンが回転するにしても、大抵の場合、駐車する直前はスピードを落として走行しています。このことで十分にエンジンを冷ますことが出来るため、タイマーを搭載することで無駄なアイドリングによる燃料の消費となり費用対効果も得られませんね。

ノーマル車は必要以上に焼き付きを心配しなくてもいい

軽自動車はターボを搭載していても普通車のターボに比べて小さなタービンで、大型化して重量も増えた近年の軽自動車ではタービンにかかる負担も非常に大きいです。

ただし、ターボは加速時にタービンが回転し加給するもので、走行時に終始タービンが回っているわけではありません。高速道路であってもスピードがのれば、タービンの回転は止まり、無加給の走行となります。

レースエンジンのように真っ赤に焼けるほど高熱になる前に、タービンを冷却する機構が十分備わっていますから、きちっとメンテナンスさえされていればノーマル車で焼き付きはほとんど心配することは無いです。

ちょっとカスタマイズしたタービンの焼き付きを防ぐために

ちょっといじってある(ブーストアップなど)軽自動車では、タービンにかかる負担も増えていますから気を使った方がいいです。

標準以上のパワーで山道で長い上り坂などを走る場合、常にタービンが回転した状態であればエンジンが高温になります。ほとんどの場合は、パワーだけアップさせて冷却系統はそのままの状態だからです。

パワーを上げて過激に走りすぎたまま十分に冷却が出来ず、オーバーヒートや焼き付きを起こすこともあります。自分は結構アクセル踏むほうだという人は夏場など注意しましょう。この辺りは改造する時点で自己責任ですからね。

少し過激に走りすぎたな・・・というときだけ1、2分アイドリングさせてから停止させるようにすればそうそう焼き付くような構造にはなっていません。

あまり過度に神経質になる必要はありませんので、オイル交換だけは定期的に行っていくようにしましょう。