ターボの軽自動車の税金はノンターボと変わらない

走る軽自動車

軽自動車はターボつきでも標準車と税金は変わりません!

よく勘違いされる人がいますが、実は軽自動車であろうと普通車であろうとターボがつくことによって自動車税や重量税などは変わらないのです。

現行の法律では自動車税は排気量により区分されており、軽自動車においては乗用か商用・事業用かの区分けがあるだけです。同じ排気量で出力を上げることのできるターボ車は税制上お得感が有りますね。もちろん車両価格は高くなりますが・・・

自動車は現代の生活に欠かせない物です。鉄道やバスなどの公共交通が整っている都会のような所においては、自動車は無くてもいいのかもしれませんが、そういった公共の交通手段が乏しい地方などにおいては、自動車は生活必需品となっています。そういうわけで、地方においては、一家でありながら自動車を運転する人数分の台数を所有しているという家庭が少なくありません。

このように、自動車という物は、所によっては生活必需品といっても過言ではないのですが、一旦購入をしてしまえばそれで良いよいうものではなく、様々な維持費が掛かってきます。

まず、燃料代が掛かります。自動車を動かすには、常にガソリンなどの燃料を補給しておかなければなりません。また、定期的に車検を受ける必要があります。これは、いつでも安全に車を動かすことができるように重要で、なにより法律で決められていることです。それから、自動車を所有するに当たっては、いくつか税金が掛けられています。自動車税や自動車取得税、そして自動車重量税などがあります。軽自動車の場合、軽自動車税というものがあり、軽自動車よりの大きい排気量が大きい普通自動車などと比較して税金が安くなるということがあります。したがって、消費者は軽自動車で事が足りるのであれば、軽自動車を選ぶということがあります。

しかし軽自動車というと、排気量が少なく馬力が無いということで、物足りなく感じている人もいるようです。そういった問題を解決する物として、ターボの付いた軽自動車があります。

前置きが長く喋ってしまいましたが、こういったことから低い馬力でありながら多くのパワーを実感でき、なおかつ税金も安いというのが、ターボの付いている軽自動車の魅力となっています。