中古軽自動車の減価償却計算と購入時のポイントとは

軽自動車減価償却

中古自動車のうち軽自動車であっても普通自動車であっても、通常少しずつ年月の経過によって自動車自体の価値は下落します。このことを簿記つまり帳簿上の考えでは減価償却と言います。

簿記の世界では中古の固定資産については原則その減価償却の考え方によって、毎年少しずつ簿記、帳簿上の価値を減らしていく処理が必要になります。これは軽自動車であろうが普通自動車であろうがあるは機械工具備品であろうが変わりません。

新車は法定耐用年数6年で償却ですが、中古で軽自動車を買う場合はこの法定耐用年数からどれくらい経過しているかで計算していきます。


一般的な中古軽自動車を買う場合

耐用年数6年-中古車の経過年数+経過年数×20% という式を使います。
3年落ちの場合は、6-3+3×20%=3.6となりますが、端数は切捨てなので3年で償却という形です。

これを上手く使うと、例えば登録済みの「新古車・未使用車」を買う場合には新車登録から数ヶ月でも時間が経ってる「中古車」という扱いのため、6年よりも短い期間で経費処理できるため中小企業の社長さんなどに好んで買われるということもあるようです。


6年以上経過している中古軽自動車を買う場合・・・

法定耐用年数6年×20%=1.2 と計算されますが、1年と2ヶ月というものではなく最低でも2年償却となっているので2年に分けて経費処理する形になります。

※ちなみにこの計算式で行くと、4年落ち以上の車を買えば計算上最低の2年償却とすることができるので、程度の良いものを効率よく経費で落としていくためには4年落ち以上の車を買うと上手く処理できるということになりますね。


軽自動車でも今は結構高い車が多い・・経費だからと安易な考えではダメ

軽自動車にあっては、中古の場合で販売する場合には、中古車ですから新車の金額では当然のことですが販売できませんし、したとしても新車と同じような金額では誰も購入をしないものです。つまり、安くして販売せざるを得ないということになります。

また、最近の軽自動車の場合は車体本体価格自体が安くなっていますので、それほど問題視されるものでもありませんが、中には普通自動車のコンパクトカー並みの価格設定がされているものもあります。このため、中古自動車であっても相応にまだ高いものも存在します。

もちろん株式会社などの営利法人にあっては利益を出すことが企業の最大の目的ですから、減価償却と仕入値段、利益とを総合的に考えて販売をしているのは間違いがありませんが、その販売価格はまだまだ高めになっているのが一般的です。よほど古くなったりしてくれば話は別ですが、それでも価格自体は安めになって来ます。

購入者側にとって重要なことは、こういった自動車がどのように価格設定がされているのかを知った上で、それでもその値段で購入するかどうかです。相応に古くなった自動車でも数十万円下手をすると100万円を超えるようなものもありますが、それだけの価値があるかどうかをしっかりと考えた上で購入する必要があります。

その値段に見合うものと判断すれば話は別ですが、中には相当吹っかけてきているものも少なくありませんので、よく判断の上で購入の決断をする必要があります。