軽未使用車・新古車はなぜできる?新古車の流通のしくみ

未使用の中古車を新古車と言いますが、新車でもなければ中古車でもない。

なぜこんな中途半端な車が世の中に出回ってしまうのか?特に軽自動車に多く、未使用車を専門に取り扱う業者もいるくらい一般的なものになっています。

今回は未使用車・新古車が出来上がってしまうからくりについて解説していきます。

簡単に言えば、新古車はディーラーの売り上げ目標を達成するために、登録のみを済ませてしまう車のことです。ディーラーは毎月のノルマに追われており、それはお店単位・さらには会社単位で毎月の死活問題となります。

ディーラーはメーカーとの契約の台数というものが有り、あらかじめ決められた台数を達成しなければ評価されないという厳しい条件がいまだにあります。

しかも販売としてカウントされるのは、運輸支局にて登録・届出の手続きが完了しナンバーが交付されなければなりません。台数を確保する為には、とりあえず自社名義で登録手続きだけを済ませてしまい、あとから未使用車として販売してギリギリ損失をカバーしようというのが新古車誕生の流れです。

特に軽自動車は地域によっては車庫証明の提出が義務付けられていない場所も多くあり、普通車に比べれば手続き自体も簡素なため毎月月末になると台数合わせのために大量の新古車が誕生してしまうのです。

新古車は安く買えるか?といえばそうでもなく、この車がオークションに掛かり価格が競りあがれば、新車よりも高くなることがあります。納期が早いので需要のある車種の場合は高値になることもあるのです。そこに、ナビやETC、バックモニターなどを後からカスタマイズすれば、さらに高くなります。

こうなると新車を購入したほうが良いのですが、このような市場原理を知らずに少しでも安く買いたいという心理から新古車を選ぶ人が多くなったことも、新古車をディーラが多くする原因となっています。

また軽自動車は新車の値引きが少ないので、未使用の中古車に人気が集まるのでしょう。新古車の購入は慎重に考えましょう。