軽自動車でガソリン代を節約する燃費向上術

ガソリン代

車を利用する時にはガソリン代が気になるものですが、少しでも節約をしたいという時には軽自動車をチョイスしてみるのも良いのではないでしょうか。

軽自動車の中には低燃費の車種も数多くありますので、ガソリン代を節約したいという方に打って付けですが、軽自動車なら全体的な維持費も安いという事もあり、総じて車を安く利用する事ができるのです。

軽自動車というと独身の方や少人数で乗る乗り物というイメージでしたが、今時の軽自動車は広さにもゆとりがありますので、ファミリーでも十分に活用する事ができます。
その為、特に軽自動車に抵抗が無ければ最適の乗り物と言えます。

ガソリン代が気になるという時には燃費が重要になる訳ですが、車種選びの際にはカタログ燃費ではなく、実燃費に着目してみる事が大切です。
カタログ上の数値が良くても実際の燃費が悪ければ意味がありませんので、車情報サイトなどをチェックし、オーナーは大体どれ位の燃費を弾き出しているのかをチェックしてみる事が大切と言えます。

ただ、燃費というのは乗り方次第で大きく変わってきますので、自分自身の運転次第で数値を伸ばす事も十分に可能です。

因みにどういった点に注意すれば良いのかと言いますと、特に重要なのが出だしの加速をゆるりと走りだすという事です。CVT車は特に出だしでアクセルを踏みすぎても、エンジン唸るだけで加速しません。ゆっくりとスピードを乗せていくことで、意外にも効率よく加速できます。

さらに発進する時も強くアクセルを踏んだりせず、クリープ現象が発生してからアクセルを踏むようにしたり、やたらに急加速をしないように注意する必要があります。
「急」が付く運転方法は基本的に燃費を悪くしますので、そういった点に注意して走行する事で大分燃費を良くする事ができます。

一定速度で走る事も大切です。軽自動車は必然的に小さなエンジンで車を動かす為に加速で普通車以上の燃料を消費します。
50キロで走るならずっと50キロをキープした方が燃費も良くなりますので、一定速度をキープできるようにしておく必要があります。

余計な荷物を載せないというのも古典的ながら効きます。
荷物を載せておくと発進する際にも大きなエネルギーを必要とする事になりますので、不要な荷物は極力下ろしておきたいものです。
軽自動車は年々安全性能向上のために重量が増えています。車を倉庫代わりのように使う人はできるだけ荷物は下ろし、効率よく加速できるよう工夫してみましょう。